朝鮮鐘(読み)ちょうせんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮鐘
ちょうせんしょう

朝鮮で新羅時代 (8世紀) 頃から鋳造された梵鐘。裾広がりの円塔形で,胴部にふくらみがあり,上下帯にはさまれた空間に仏菩薩,天人,飛雲などを浮き文様で鋳出している。笠部に竜頭に接して旗挿と呼ぶ円筒が取付けられている点に,和鐘と異なる最大の特色がある。新羅時代からの遺品があり,日本へも輸出されその模作も製作された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうせん‐がね〔テウセン‐〕【朝鮮鐘】

ちょうせんしょう(朝鮮鐘)

ちょうせん‐しょう〔テウセン‐〕【朝鮮鐘】

朝鮮半島で新羅(しらぎ)時代から高麗(こうらい)時代に鋳造された銅製の梵鐘(ぼんしょう)。竜頭(りゅうず)は単頭で旗挿(はたさ)しという円筒がつき、肩と口辺唐草(からくさ)模様をめぐらす。飛天などが鋳出されている。日本に多くの遺品が伝わる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんしょう【朝鮮鐘】

朝鮮半島で製作された一群の梵鐘で,他にまったく比類のない特殊な型式を備えている。まず,竜頭が単頭で,その頸を半環状に曲げて懸吊(けんちよう)の役目を果たし,また,竜頭の背後に密着して〈旗挿し〉(甬(よう))という円筒状のものが立つ。次に,和鐘のように,鐘身に大小長短の区画が施されず,その代りに鐘身の上端下端とに,唐草文とか宝相華文(ほうそうげもん)が浮彫された装飾帯がめぐらされる。その上端帯の下縁には,乳郭が4ヵ所あり,凹字形をした各郭内に3段3列9個の乳を配列する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうせんがね【朝鮮鐘】

もと朝鮮で鋳造された銅製の鐘。竜頭りゆうずに管があり、肩と口辺に唐草模様の帯をめぐらし、袈裟襷けさだすきがなく、飛天などの陽鋳を胴部に表したもの。朝鮮にはあまりなく、日本に多く伝わる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の朝鮮鐘の言及

【梵鐘】より

…中国鐘には鐘身の裾がヨーロッパのベルのように開き,波状などに作るものがある。また朝鮮鐘は袈裟襷がなく,鈕の竜頭(りゆうず)後方に装飾的な筒(旗挿または甬(よう))を付すものが多い。なお現存する梵鐘のうち,在銘の最古のものは,中国,南北朝陳の太建7年(575)銘のもの(奈良国立博物館)で,和鐘では戊戌年(698∥文武2)の銘をもつ京都妙心寺の鐘,朝鮮では唐の開元13年(725)銘の上院寺鐘が古い。…

※「朝鮮鐘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android