コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大杉谷 おおすぎだに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大杉谷
おおすぎだに

三重県中部,大台町南西部,宮川上流部にある峡谷大杉峡谷ともいう。大台ヶ原山の最高峰日出ヶ岳 (1695m) の北東斜面にV字形に深く刻まれた峡谷で,多雨地帯。古くから神宮林として保護された原生林に覆われる。その種類は標高によって亜熱帯系から亜寒帯系まで日本列島の主要植物をすべて含む。また国の特別天然記念物のニホンカモシカの生息地でもあり,峡谷全体が国の天然記念物に指定されている。宮川ダムの上流は急崖,滝,激流が連続し,千尋滝のほか,七ツ釜滝,堂倉滝などがあり,宮川の本・支流合わせた滝の数は数百といわれる。また平等嵒 (びょうどうぐら) ,大日嵒 (だいにちぐら) など高さ 100mをこす岩壁も多い。吉野熊野国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおすぎ‐だに〔おほすぎ‐〕【大杉谷】

三重県中西部、大台ヶ原山源流とする宮川の上流の峡谷。急崖と滝が多い。多雨地域。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおすぎだに【大杉谷】

三重県中部、大台ヶ原山から流れる宮川最上流の渓谷。日本屈指の多雨地域。密林の間に多数の滝がかかり豪壮な景観を呈する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大杉谷
おおすぎだに

三重県中西部、宮川の上流にある谷。大台ヶ原山系の最高峰日出ヶ岳(ひでがたけ)の北東斜面に深く刻まれたV字谷で吉野熊野国立公園区域の一部。約7キロメートルにわたって原生林に覆われた急崖(きゅうがい)の底に豪快な滝と深い淵(ふち)、激流が続く。千尋(せんぴろ)滝(落差200メートル)のほか多数の滝、平等(びょうどうぐら)など100メートルを超える岩壁、20近い吊橋(つりばし)などその景観とスリルは圧巻である。大杉谷林間キャンプ村などもある。
 第三紀以来の陸地で、しかも神宮林、国有林として保護されてきたため、わが国では貴重な原生林が広く残っている。植物の種類も豊富で、垂直的には亜熱帯から亜寒帯まで、水平的には満州‐朝鮮温帯亜区系から寒地系まで、日本列島の主要植物分布を網羅している。JR紀勢本線三瀬谷(みせだに)駅から大杉まで町営バスの便がある。中・上級登山コース。[伊藤達雄]
『菅沼孝之・鶴田正人著『大台ヶ原・大杉谷の自然』(1975・ナカニシヤ出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大杉谷の言及

【大杉峡谷】より

…三重県南部,多気郡宮川村にあり,宮川の最上流部の峡谷で大杉谷ともいう。年間降水量5000mm以上の多雨地である大台ヶ原山(1695m)の東麓にある峡谷で,日本有数の美林地をなしている。…

【宮川[村]】より

…宮川の渓流ではアマゴ,ニジマスの養殖が行われ,上流には多目的ダムの宮川ダムがある。最上流部の大杉谷(天)は貴重な動植物の分布がみられ,景勝地も多く,大杉神社の巨杉は神木とされている。一帯は吉野熊野国立公園に含まれる。…

※「大杉谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大杉谷の関連キーワード奥伊勢宮川峡県立自然公園UNESCOエコパーク宮川(三重県 旧村名)台風21号の集中豪雨宮川(三重県 川)台風21号の被害台風21号豪雨小松(市)松尾大社小松市景観渓谷梯川密林

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大杉谷の関連情報