コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥大節 おく たいせつ

美術人名辞典の解説

奥大節

臨済宗の僧。方広寺派管長。島根県生。号は雲関。仏教視察のためインド・ビルマ・中国等へ渡る。花園大学学長をも務め、昭和37年欧米を歴訪し、研修道場を設立した。昭和45年(1970)寂、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥大節 おく-たいせつ

1889-1970 明治-昭和時代の僧。
明治22年10月19日生まれ。臨済(りんざい)宗。大正11年から京都相国寺の橋本独山にまなび,15年大分万寿寺住職となる。昭和20年臨済学院専門学校(現花園大)学長。21年方広寺派管長に就任,35年にも再任された。昭和45年1月24日死去。80歳。島根県出身。名は鉄操。号は雲閑(関)窟。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥大節の関連キーワード昭和時代臨済宗明治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android