橋本独山(読み)はしもと どくさん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本独山 はしもと-どくさん

1869-1938 明治-昭和時代前期の僧。
明治2年6月11日生まれ。臨済(りんざい)宗。橋本峨山(がざん)の法をつぐ。師の没後,京都の鹿王(ろくおう)院をつぎ,橋本姓を名のる。明治44年相国寺住職,相国寺派管長。鳥取県三朝(みささ)に南苑寺をひらいた。書画にすぐれた。遺録に「対雲録」。昭和13年8月15日死去。70歳。越後(えちご)(新潟県)出身。法名は玄義。別号に対雲窟,南苑窟。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android