コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本独山 はしもと どくさん

2件 の用語解説(橋本独山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

橋本独山

臨済宗の僧。相国寺派管長。相国寺百二十八世。新潟県生。独山は字、法諱は玄義。号を南苑・対雲。天龍寺僧堂の峨山昌禎によって得度。富岡鉄斎に絵を学び、書画に秀でた。昭和13年(1938)寂、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本独山 はしもと-どくさん

1869-1938 明治-昭和時代前期の僧。
明治2年6月11日生まれ。臨済(りんざい)宗。橋本峨山(がざん)の法をつぐ。師の没後,京都の鹿王(ろくおう)院をつぎ,橋本姓を名のる。明治44年相国寺住職,相国寺派管長。鳥取県三朝(みささ)に南苑寺をひらいた。書画にすぐれた。遺録に「対雲録」。昭和13年8月15日死去。70歳。越後(えちご)(新潟県)出身。法名は玄義。別号に対雲窟,南苑窟。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

橋本独山の関連キーワード到津公煕金子有道河野秀男佐々木文一瀬川章友津端道彦中川泉三別府丑太郎矢川ミキ山村豊次郎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone