コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥村松山 おくむら しょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村松山 おくむら-しょうざん

1842-1905 幕末-明治時代の陶工。
天保(てんぽう)13年生まれ。湖東焼の御抱え稽古(けいこ)人として幹山(かんざん)伝七にまなんだのち,明治9年に独立して,京都五条坂で製作をはじめた。彩釉(さいゆう)を研究し古伊万里,野々村仁清(にんせい)などの写しにたくみで,内国勧業博覧会などで受賞をかさねた。銘は「松山」で,松山焼とよばれた。明治38年1月10日死去。64歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は安太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奥村松山の関連キーワード明治時代陶工

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android