コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥村松山 おくむら しょうざん

1件 の用語解説(奥村松山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村松山 おくむら-しょうざん

1842-1905 幕末-明治時代の陶工。
天保(てんぽう)13年生まれ。湖東焼の御抱え稽古(けいこ)人として幹山(かんざん)伝七にまなんだのち,明治9年に独立して,京都五条坂で製作をはじめた。彩釉(さいゆう)を研究し古伊万里,野々村仁清(にんせい)などの写しにたくみで,内国勧業博覧会などで受賞をかさねた。銘は「松山」で,松山焼とよばれた。明治38年1月10日死去。64歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は安太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥村松山の関連キーワード光の科学史竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府柳亭種彦アフガン戦争アヘン戦争科学史広東十三行

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone