奥村松山(読み)おくむら しょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村松山 おくむら-しょうざん

1842-1905 幕末-明治時代の陶工。
天保(てんぽう)13年生まれ。湖東焼の御抱え稽古(けいこ)人として幹山(かんざん)伝七にまなんだのち,明治9年に独立して,京都五条坂で製作をはじめた。彩釉(さいゆう)を研究し古伊万里,野々村仁清(にんせい)などの写しにたくみで,内国勧業博覧会などで受賞をかさねた。銘は「松山」で,松山焼とよばれた。明治38年1月10日死去。64歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は安太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android