コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古伊万里

5件 の用語解説(古伊万里の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

古伊万里

17世紀から作られるようになった伊万里焼の中で、古美術的価値の高い作品の総称。欧州にも輸出され、海外の収集家も多い。

(2014-10-08 朝日新聞 朝刊 山形・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ‐いまり【古×万里】

初期の伊万里焼。寛永(1624~1644)中ごろから元禄(1688~1704)前後にかけてのもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こいまり【古伊万里】

佐賀の日本酒。精米歩合65%で仕込む「四代目」は中辛口の純米酒。これをガラス容器の代わりに有田焼に詰めたカップ酒NOMANNE」もヒット商品。ほかに大吟醸酒純米吟醸酒など。平成16、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は主に山田錦。仕込み水は有田の名水「白磁の泉」。蔵元の「古伊万里酒造」は明治42年(1909)創業。所在地伊万里市二里町中里甲。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こいまり【古伊万里】

伊万里焼の初期のもの。染め付けと赤絵があり、柿右衛門・渋右衛門らを代表的陶工とする。普通、草創期を含めず、赤絵が完成した正保(1644~1648)末期から元禄(1688~1704)前後のものをいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古伊万里
こいまり

伊万里焼」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古伊万里の言及

【有田焼】より

…江戸時代を通じて,伊万里港から諸国へ積み出されたので,一般に伊万里焼として知られている。有田焼は初期伊万里染付,古伊万里,柿右衛門,幕末伊万里染付などと分類し称せられているが,この区別は明確なものではなく,様式の変遷を大まかにとらえているにすぎない。 江戸時代初頭,有田における磁器の創始は,日本陶磁史上画期的な出来事であった。…

※「古伊万里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古伊万里の関連情報