奥猛雅(読み)おく たけまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥猛雅 おく-たけまさ

1732-1802 江戸時代中期-後期の武士,砲術家。
享保(きょうほう)17年生まれ。安芸(あき)広島藩士。代々砲術,火薬製造でつかえる。16歳のとき騎馬筒20丁をつくって銃師となり,銃器の改良,火薬の研究などにつとめた。津田自由斎正勝に津田流をまなび,一貫流の祖となる。享和2年7月2日死去。71歳。通称は弥兵衛。号は雪中庵,梅(楳)明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android