コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥邦雅 おく くにまさ

1件 の用語解説(奥邦雅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥邦雅 おく-くにまさ

1813-1866 江戸時代後期の砲術家。
文化10年生まれ。奥典雅(すけまさ)の子。安芸(あき)広島藩士。家伝の自由斎流砲術を身につけたのち,西洋式砲術を幕臣の下曾根金三郎らにまなぶ。藩の軍制改革につくし,大目付にすすむ。慶応2年7月3日死去。54歳。通称は弥右衛門。号は白水。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥邦雅の関連キーワードペグマタイト英学ドゥーフメラファイア浅田宗伯池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone