女声(読み)ジョセイ

  • じょせい ヂョ‥
  • じょせい〔ヂヨ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 女性の声。
② 特に声楽で、女性の受け持つ声部。ソプラノ、アルトなど。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉一「二人とも女声(ヂョセイ)の合唱の中で見掛けましたかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の女声の言及

【声楽】より

…演奏をする人数の点で区別すると,独唱,少人数で各声部を1人で歌う重唱(二重唱,三重唱など),多人数による合唱の別があり,また一つの作品のなかにそれらが結合した形態(ミサ曲,オペラなど)がある。 それぞれの人には固有の声の出る高低の範囲があり,女声はソプラノ(高音域),メゾソプラノ(中音域),アルト(低音域),男声はテノール(高音域),バリトン(中音域),バス(低音域)の区別があり,さらに音色の持味によって,ソプラノ・ドラマティコ(劇的表現に適している),ソプラノ・レッジェーロ(軽い性格のもの)などの区別がある。 歌詞の性格や音楽の用途から種々の曲種が区別される。…

※「女声」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android