コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女声 ジョセイ

2件 の用語解説(女声の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょ‐せい〔ヂヨ‐〕【女声】

声楽で、女性の受け持つ声部。ソプラノアルトなど。「女声合唱」⇔男声

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の女声の言及

【声楽】より

…演奏をする人数の点で区別すると,独唱,少人数で各声部を1人で歌う重唱(二重唱,三重唱など),多人数による合唱の別があり,また一つの作品のなかにそれらが結合した形態(ミサ曲,オペラなど)がある。 それぞれの人には固有の声の出る高低の範囲があり,女声はソプラノ(高音域),メゾソプラノ(中音域),アルト(低音域),男声はテノール(高音域),バリトン(中音域),バス(低音域)の区別があり,さらに音色の持味によって,ソプラノ・ドラマティコ(劇的表現に適している),ソプラノ・レッジェーロ(軽い性格のもの)などの区別がある。 歌詞の性格や音楽の用途から種々の曲種が区別される。…

※「女声」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女声の関連情報