女流文学者賞

デジタル大辞泉プラスの解説

女流文学者賞

日本の文学賞のひとつ。女性作家の作品を対象とする。鎌倉文庫の女性雑誌「婦人文庫」の主催により創設。1947年発表の第1回受賞作は平林たい子かういふ女」。鎌倉文庫は1949年に倒産し、賞も中断するが、女流文学者会の主催に変更して1952年発表の第4回で復活。第12回まで続いて終了。後継は「女流文学賞」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android