コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女性雑誌 じょせいざっし

世界大百科事典 第2版の解説

じょせいざっし【女性雑誌】

女性を読者層に想定して発行される雑誌。女学生向け,未婚女性向け,主婦向けなど,読者の年齢やライフステージによって分類されうるものが多いが,最近では,有職女性向け,自立志向型女性向けなど,読者のライフスタイルのちがいに応じた雑誌も出てきている。ただ,伝統的に〈男の世界〉とみなされてきた政治,経済,科学,職業生活などに正面から言及することはなく,あくまでも美容,ファッション,恋愛,結婚,家庭生活といった,伝統的に〈女の世界〉とされてきた領域を守備範囲とする点でほぼ共通している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の女性雑誌の言及

【雑誌】より

…しかし,日華事変から第2次世界大戦にかけて,内容や資材についての統制が強化され,その過程で時局を論ずることを主とする雑誌には〈総合雑誌〉という日本独特の官製呼称が与えられた。
[大衆雑誌と女性雑誌の出現]
 産業革命と都市化の進行によって,安い読物をもとめる新しい読者層が生まれ,大部数を競う娯楽雑誌が登場した。イギリスでは《ペニー・マガジンPenny Magazine》(1832‐46),《ペニー・サイクロペディアPenny Cyclopaedia》(1833)などの競争に続いて《チェンバーズ・ジャーナルChamber’s Journal》が1845年に発行部数9万部に達した。…

※「女性雑誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

女性雑誌の関連キーワードベネット(Enoch Arnold Bennett)島崎藤村(年譜)主婦の友社[株]F. ジルードライサー松野 一夫保持 研子田村 俊子フェミナ賞婦人俱楽部蕗谷虹児北原武夫中原淳一婦人画報島崎藤村婦人公論主婦の友婦人世界村井弦斎婦人之友

女性雑誌の関連情報