コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平林たい子 ひらばやしたいこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平林たい子
ひらばやしたいこ

[生]1905.10.3. 長野,中洲
[没]1972.2.17. 東京
小説家。本名,タイ。 1922年県立諏訪高等女学校卒業後,社会主義運動を志して上京,電話交換手,女給などを転々としながらアナキストグループに近づいたが,関東大震災を機とする弾圧で検挙され,釈放後,中国大陸,朝鮮を放浪,その間の経緯を書いた『施療室にて』 (1927) や,『大阪朝日新聞』の懸賞当選作『嘲る』 (26) で認められ,『文芸戦線』派の代表的な作家としてナップ派と対立,その後,文戦派から去り,ナップに間接的に協力した。第2次世界大戦後,『かういふ女』 (46) ,『私は生きる』 (47) などで盛んな制作力を示したが,共産党への不信,旧ナップ派への反発などから反共色を強めた。ほかに『鬼子母神』 (46) ,『地底の歌』 (48) ,『自伝的交友録・実感的作家論』 (60) や,遺作となった批判の書『宮本百合子』 (71~72) などがある。没後,恩賜賞 (71年) が贈られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひらばやし‐たいこ【平林たい子】

[1905~1972]小説家。長野の生まれ。本名、タイ。各地を放浪し、職を転々としながらプロレタリア作家として出発。第二次大戦後はしだいに反共的姿勢を強めた。作「施療室にて」「かういふ女」「砂漠の花」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

平林たい子【ひらばやしたいこ】

小説家。本名タイ。長野県生れ。諏訪高女卒。社会主義運動を志して上京,職業を転々としながらアナーキスト・グループに接近した。同棲,生活破綻,放浪など,アナーキストたちとの酷烈な生活をリアルに描いた《嘲る》が1927年の大阪朝日新聞の懸賞に当選。
→関連項目壺井栄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平林たい子 ひらばやし-たいこ

1905-1972 昭和時代の小説家。
明治38年10月3日生まれ。小堀甚二(じんじ)と結婚するが,のち離婚。昭和2年「嘲(あざけ)る」が「大阪朝日新聞」の懸賞に入選。ついで「文芸戦線」掲載の「施療室にて」でプロレタリア作家としてみとめられる。のち「文芸戦線」から脱退。22年「かういふ女」で第1回女流文学者賞を受賞。47年芸術院恩賜賞。昭和47年2月17日死去。66歳。長野県出身。諏訪高女卒。本名はタイ。作品に「地底の歌」「砂漠の花」など。
【格言など】理想的な良人! そんなものは世の中に存在しない(「良人論」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひらばやしたいこ【平林たい子】

1905‐72(明治38‐昭和47)
小説家。本名タイ。長野県諏訪郡中洲村生れ。諏訪高等女学校卒業後上京し,電話交換手,店員などの職についたが,アナーキスト・グループに近づき,虚無的生活におちいった。1924年には,朝鮮,満州を放浪,施療病院で女児を出産したが,病死させた。そういう痛烈な生活をリアルに作品化した《嘲る》(1926),《施療室にて》(1927)によって,プロレタリア文学の新進作家として認められた。27年《文芸戦線》同人小堀甚二と結婚,戦争中は夫婦ともに検挙されたり,病気に倒れたり,苦難つづきであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひらばやしたいこ【平林たい子】

1905~1972) 小説家。長野県生まれ。本名、タイ。諏訪高女卒。出世作「施療室にて」をはじめ、プロレタリア作家として活躍。戦後も、自伝的小説やアウト-ローの世界に取材した作品で、人間の生への意志を描いた。小説「嘲る」「かういふ女」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平林たい子
ひらばやしたいこ
(1905―1972)

小説家。明治38年10月3日長野県に生まれる。家は旧家であったが没落の一途をたどっていた。県立諏訪(すわ)高等女学校を卒業後、上京して中央電話局交換手になるが、しだいにアナキスト・グループに近づく。満州(中国東北)を放浪し、帰国後、『文芸戦線』同人の小堀甚二と結婚する。1927年(昭和2)5月『大阪朝日新聞』の懸賞短編小説に『嘲(あざけ)る』が入選し、文壇に登場した。同年6月、労農芸術家連盟に参加し、『文芸戦線』に発表した『施療室にて』(1927)で新進プロレタリア作家として認められる。37年、人民戦線事件で検挙されるが留置中に腹膜炎で重態となり釈放された。この体験を踏まえて第二次世界大戦後『かういふ女』(1946)を執筆し、第1回女流文学賞を受賞。50年代には長編自伝小説『砂漠の花』(1955~57)や懐古集『自伝的交友録・実感的作家論』(1960)などを精力的に執筆した。晩年、難病と闘いつつも『宮本百合子(ゆりこ)』(1971~72)を書き継いだが、肺炎のため昭和47年2月17日没。没後、平林たい子文学賞、諏訪市に記念館が設けられた。[金井景子]
『『平林たい子全集』全12巻(1976~79・潮出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

平林たい子の関連キーワード文芸戦線・文藝戦線平林たい子記念館日の果てから麦熟るる日に小田 嶽夫新庄 嘉章島村 利正村田喜代子池田みち子吉目木晴彦新庄嘉章岩阪恵子保坂和志福田和也杉森久英渋川 驍高橋英夫岩橋邦枝後藤明生若杉 慧

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平林たい子の関連情報