コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平林たい子 ひらばやしたいこ

7件 の用語解説(平林たい子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平林たい子
ひらばやしたいこ

[生]1905.10.3. 長野,中洲
[没]1972.2.17. 東京
小説家。本名,タイ。 1922年県立諏訪高等女学校卒業後,社会主義運動を志して上京,電話交換手,女給などを転々としながらアナキストグループに近づいたが,関東大震災を機とする弾圧で検挙され,釈放後,中国大陸,朝鮮を放浪,その間の経緯を書いた『施療室にて』 (1927) や,『大阪朝日新聞』の懸賞当選作『嘲る』 (26) で認められ,『文芸戦線』派の代表的な作家としてナップ派と対立,その後,文戦派から去り,ナップに間接的に協力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひらばやし‐たいこ【平林たい子】

[1905~1972]小説家。長野の生まれ。本名、タイ。各地を放浪し、職を転々としながらプロレタリア作家として出発。第二次大戦後はしだいに反共的姿勢を強めた。作「施療室にて」「かういふ女」「砂漠の花」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平林たい子【ひらばやしたいこ】

小説家。本名タイ。長野県生れ。諏訪高女卒。社会主義運動を志して上京,職業を転々としながらアナーキスト・グループに接近した。同棲,生活破綻,放浪など,アナーキストたちとの酷烈な生活をリアルに描いた《嘲る》が1927年の大阪朝日新聞の懸賞に当選。
→関連項目壺井栄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平林たい子 ひらばやし-たいこ

1905-1972 昭和時代の小説家。
明治38年10月3日生まれ。小堀甚二(じんじ)と結婚するが,のち離婚。昭和2年「嘲(あざけ)る」が「大阪朝日新聞」の懸賞に入選。ついで「文芸戦線」掲載の「施療室にて」でプロレタリア作家としてみとめられる。のち「文芸戦線」から脱退。22年「かういふ女」で第1回女流文学者賞を受賞。47年芸術院恩賜賞。昭和47年2月17日死去。66歳。長野県出身。諏訪高女卒。本名はタイ。作品に「地底の歌」「砂漠の花」など。
【格言など】理想的な良人! そんなものは世の中に存在しない(「良人論」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひらばやしたいこ【平林たい子】

1905‐72(明治38‐昭和47)
小説家。本名タイ。長野県諏訪郡中洲村生れ。諏訪高等女学校卒業後上京し,電話交換手,店員などの職についたが,アナーキスト・グループに近づき,虚無的生活におちいった。1924年には,朝鮮,満州を放浪,施療病院で女児を出産したが,病死させた。そういう痛烈な生活をリアルに作品化した《嘲る》(1926),《施療室にて》(1927)によって,プロレタリア文学の新進作家として認められた。27年《文芸戦線》同人小堀甚二と結婚,戦争中は夫婦ともに検挙されたり,病気に倒れたり,苦難つづきであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひらばやしたいこ【平林たい子】

1905~1972) 小説家。長野県生まれ。本名、タイ。諏訪高女卒。出世作「施療室にて」をはじめ、プロレタリア作家として活躍。戦後も、自伝的小説やアウト-ローの世界に取材した作品で、人間の生への意志を描いた。小説「嘲る」「かういふ女」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平林たい子
ひらばやしたいこ
(1905―1972)

小説家。明治38年10月3日長野県に生まれる。家は旧家であったが没落の一途をたどっていた。県立諏訪(すわ)高等女学校を卒業後、上京して中央電話局交換手になるが、しだいにアナキスト・グループに近づく。満州(中国東北)を放浪し、帰国後、『文芸戦線』同人の小堀甚二と結婚する。1927年(昭和2)5月『大阪朝日新聞』の懸賞短編小説に『嘲(あざけ)る』が入選し、文壇に登場した。同年6月、労農芸術家連盟に参加し、『文芸戦線』に発表した『施療室にて』(1927)で新進プロレタリア作家として認められる。37年、人民戦線事件で検挙されるが留置中に腹膜炎で重態となり釈放された。この体験を踏まえて第二次世界大戦後『かういふ女』(1946)を執筆し、第1回女流文学賞を受賞。50年代には長編自伝小説『砂漠の花』(1955~57)や懐古集『自伝的交友録・実感的作家論』(1960)などを精力的に執筆した。晩年、難病と闘いつつも『宮本百合子(ゆりこ)』(1971~72)を書き継いだが、肺炎のため昭和47年2月17日没。没後、平林たい子文学賞、諏訪市に記念館が設けられた。[金井景子]
『『平林たい子全集』全12巻(1976~79・潮出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平林たい子の関連キーワード細田民樹桜田常久橘外男沙羅双樹大江賢次鹿島孝二寺崎浩鳴山草平野沢純横山美智子

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平林たい子の関連情報