コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奸譎/姦譎 カンキツ

デジタル大辞泉の解説

かん‐きつ【××譎/××譎】

[名・形動]かんけつ(奸譎)

かん‐けつ【××譎/××譎】

[名・形動]よこしまで、心にいつわりが多いこと。また、そのさま。かんきつ。
「この残酷にして―なる神の悪戯に堪(た)うる能(あた)わず」〈芥川開化の殺人〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

奸譎/姦譎の関連キーワード奸譎・姦譎