コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好熱菌 コウネツキン

デジタル大辞泉の解説

こうねつ‐きん〔カウネツ‐〕【好熱菌】

高温環境を好む細菌。一般にセ氏55度以上の高温を指す。そのうち至適生育温度が80度以上の場合は超好熱菌と呼ばれる。高温菌好熱性細菌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の好熱菌の言及

【細菌】より

…また細菌は温度に対する関係によって分けることもできる。20℃以下でよく生育するものを低温菌,55℃以上で発育するものを好熱菌(高温菌,耐熱菌ともいう),その中間の温度で発育するものを中温菌と呼ぶ。75℃以上でも生育できるものは高度好熱菌と呼ばれる。…

※「好熱菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

好熱菌の関連キーワードパンドラウイルス極限環境微生物超好熱性細菌好熱菌酵素水素細菌耐熱性菌超高温菌古細菌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android