コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如泉 じょせん

世界大百科事典 第2版の解説

にょせん【如泉】

1644‐1715(正保1‐正徳5)
江戸前期の俳人。姓は斎藤,通称は甚吉。京都の人で,四条道場内に真珠庵を結んで住んだ。梅盛に師事して貞門俳諧を学んだが,1679年(延宝7)高政の《俳諧中庸姿(つねのすがた)》に一座してからは談林俳諧に転じ,信徳,桃青(芭蕉)ら革新的な人びとと新風を競った。元禄期には雑俳の点者としても活躍,とくに漢和俳諧に才能を発揮した。編著に《俳諧柱立(はしらだて)》《松ばやし》等がある。【乾 裕幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

如泉の関連キーワード桜川慈悲成四時堂其諺真珠庵如泉井上雲扇高瀬梅盛池部啓太斎藤如泉新納時升沢露川

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android