コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤如泉 さいとう じょせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤如泉 さいとう-じょせん

1644-1715 江戸時代前期-中期の俳人。
正保(しょうほ)元年生まれ。貞門派の高瀬梅盛(ばいせい)にまなび,のち菅野谷(すがのや)高政にしたがい談林派に転じる。京都四条道場にすみ,漢和連句にすぐれた。正徳(しょうとく)5年8月17日死去。72歳。通称は甚吉。別号に真珠庵。著作に「誹諧柱立(はいかいはしらだて)」「松はやし」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎藤如泉
さいとうじょせん

[生]正保1(1644)
[没]正徳5(1715).8.17.
江戸時代前期~中期の俳人。京都の人。通称,甚吉。庵を真珠庵という。俳諧を高瀬梅盛に学んだが,延宝7 (1679) 年に菅野谷高政編『中庸姿 (つねのすがた) 』の連衆となってから宗因風の俳諧に転じた。元禄年間には京都俳壇の実力者として,また雑俳点者として活躍。特に漢和俳諧に秀でた。編著に『番匠童』 (89) ,『俳諧柱立』 (90) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の斎藤如泉の言及

【如泉】より

…江戸前期の俳人。姓は斎藤,通称は甚吉。京都の人で,四条道場内に真珠庵を結んで住んだ。梅盛に師事して貞門俳諧を学んだが,1679年(延宝7)高政の《俳諧中庸姿(つねのすがた)》に一座してからは談林俳諧に転じ,信徳,桃青(芭蕉)ら革新的な人びとと新風を競った。元禄期には雑俳の点者としても活躍,とくに漢和俳諧に才能を発揮した。編著に《俳諧柱立(はしらだて)》《松ばやし》等がある。【乾 裕幸】…

※「斎藤如泉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

斎藤如泉の関連キーワード四時堂其諺真珠庵如泉井上雲扇沢露川如泉

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android