コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅盛 ばいせい

2件 の用語解説(梅盛の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばいせい【梅盛】

1619‐1702?(元和5‐元禄15?)
江戸前期の俳人。姓は高瀬(たかのせ),通称は太郎兵衛。別号は佗心子(たしんし)。京都の人。初め貞室,重頼に従い,のち貞徳直門となる。貞門七俳仙の一人。温厚篤実な人柄で生涯師風を守り,流行に従わず,1692年(元禄5)刊《貞徳永代記》の著者から〈今京中点者の中の第一の老俳〉だが〈俳諧一道の毒にも薬にもならず〉と評された。著書に《類船(るいせん)集》など。〈月の貌(かほ)やふけてもわかし十八夜〉(《玉海集》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅盛
ばいせい

生没年未詳。江戸前期の俳人、狂歌師。高瀬氏。通称は太郎兵衛。別に佗心子(たしんし)と号し、剃髪(ていはつ)後は宗入居士(こじ)を名のった。京都の人。貞徳(ていとく)門で七俳仙の1人。『貞徳永代記』(随流(ずいりゅう)著、1692刊)に「生まれつき律俳にして古風を捨てず、世間天地をかへし物に狂へども少しもさはがず」と評されたごとく、談林(だんりん)の流行や蕉風(しょうふう)の勃興(ぼっこう)にかかわりなく貞門風を押し通し、その円満篤実な人柄で俳壇に勢力を占めた。1701~02年(元禄14~15)ごろ没、享年八十余と推定される。編著は『口真似草(くちまねぐさ)』(1656刊)、『類船(るいせん)集』(1676刊)など数多い。
 乙女草やしばしとゞめん霜おほひ[乾 裕幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の梅盛の言及

【類船集】より

…俳諧付合(つけあい)語集。梅盛(ばいせい)著。1676年(延宝4)刊。…

※「梅盛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梅盛の関連キーワード今城定経三冊子大久保忠高加藤春宗国包(4代)角南国寛南部重信日友文喜女王楊井三之允

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone