コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳諧中庸姿 はいかいつねのすがた

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいつねのすがた【俳諧中庸姿】

俳諧の連句集。高政(たかまさ)編。1679年(延宝7)刊。〈誹諧惣本寺(そうほんじ)〉を名のる編者自身を含めた一派の独吟・寄合(よりあい)の百韻・歌仙全11巻を収める。中庸(ちゆうよう)を擬装した〈目にあやし麦藁(むぎわら)一把飛ぶ蛍/次郎ま次郎吉夏草の陰/白い雨軒のかど屋に玉なして〉(高政独吟)などの奇矯異体俳風が,貞門・談林両派の憎しみを買い,《誹諧破邪顕正》など,全俳壇あげての論争を導くきっかけとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

俳諧中庸姿の関連キーワード俳諧如泉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android