妃嬪(読み)ヒヒン

大辞林 第三版の解説

ひひん【妃嬪】

妃と嬪。天子の妻と側室。
天子のそばに仕える女官。官女。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の妃嬪の言及

【皇后】より

…また漢代に建てられた長秋宮の名から長秋ともよぶ。皇帝は皇后のほかさまざまの名称をもつ妃嬪(ひひん)を抱えており,それらの定員は複数で,それぞれ位階がある。たとえば唐制では妃3人正一品,六儀6人正二品,美人4人正三品,才人7人正四品であるが,皇后は1人に限られ,また位階を越えた存在である。…

※「妃嬪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android