(読み)ひ

日本大百科全書(ニッポニカ)「妃」の解説


令(りょう)制の後宮において夫人(ひん)の上を占める身位。品位(ほんい)を有する内親王より選ばれ、定員2名。醍醐(だいご)天皇の妃為子(いし)内親王を最後として消滅した。また天皇の生母にして妃位にある皇太妃、祖母にして妃位にある者を太皇太妃と称したが、実例は文武(もんむ)天皇の生母阿閇(あべ)皇女(のち元明(げんめい)天皇)が皇太妃となった1例が知られるだけである。一面、妃は天皇以下皇太子・親王などの配偶をさす汎称(はんしょう)でもあったが、明治以後は皇太子以下親王・王の正配の公称となった。

橋本義彦

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「妃」の解説

妃【ひ】

律令時代には皇后に次ぐ天皇の配偶者で,夫人(ぶにん)・嬪(ひん)の上に位し,皇族女子のうち内親王宣下(ないしんのうせんげ)を受けた者であるのが原則だった。この制は7世紀後半〜10世紀前半まで存続した。明治以後は皇族の配偶者をいう。皇族の一員。なお,王公族の配偶者も妃と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「妃」の解説

ひ【妃】

〘名〙
① 天皇の妻。きさき。みめ。
※大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)七「妃()(ら)と廊宇を巡歴して」
② 皇后の次位にある後宮。また、皇太妃・太皇太妃の称。〔令集解(718)〕
現行では皇族の妻をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「妃」の解説


天皇および皇族の配偶者。令制では,天皇の妃については2人で,皇后の次位にあって相当位は四品以上。皇族のなかから選ばれたが,臣下で妃になった者もいた。明治以降,皇族配偶女子をいい,殿下敬称が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「妃」の解説

ひ【妃】

天皇のキサキの称。皇后に次ぐ地位を占めた。後宮職員令によれば,その定員は2名で,位階は四品以上とされており,内親王であることが必要条件であった。しかし,光明立后以後,皇后が必ずしも内親王でなくなったため,妃の資格についての原則も崩れ,嵯峨朝には多治比高子が妃となっている。10世紀ごろを最後として置かれなくなったが,14世紀ごろに再び例をみる。このほか皇太子のキサキをも妃と呼んだ。後宮玉井 力】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【妃】より

…後宮職員令によれば,その定員は2名で,位階は四品以上とされており,内親王であることが必要条件であった。しかし,光明立后以後,皇后が必ずしも内親王でなくなったため,妃の資格についての原則も崩れ,嵯峨朝には多治比高子が妃となっている。10世紀ごろを最後として置かれなくなったが,14世紀ごろに再び例をみる。…

【後宮】より


[中国]
 天子が家庭生活を営む宮殿で,政務をつかさどる外朝とは機構的にも空間的にも区別されるのが原則であった。天子は皇后のほか多数の妃嬪(ひひん)を抱えたが,すべて後宮に住んだので,皇后以下を後宮とよぶことがある。《礼記(らいき)》昏義に,古代には皇后が六宮を建て,3夫人,9嬪,27世婦,81御妻をひきいて内治をつかさどり,婦徳を明らかにしたとあり,後世の後宮制度の規範となった。…

※「妃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android