コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙寿 みょうじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙寿
みょうじゅ

江戸時代末期に活躍した琵琶演奏家。目が不自由だった。薩摩琵琶士風町風を併合して新しい技法を編出した池田甚兵衛の門弟。琵琶の名人として知られ,剛健雄壮な芸風であったという。現在薩摩琵琶の正派が彼の曲風 (妙寿風という) を伝えているといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妙寿 みょうじゅ

?-? 幕末の琵琶(びわ)演奏家。
薩摩(さつま)または大隅(おおすみ)(鹿児島県)の人。薩摩琵琶を大隅の池田甚兵衛にまなび,勇壮な妙寿風の弾法を確立した。門下に児玉天南(1846-1917),伴彦四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

妙寿の関連キーワード山口県山口市徳地八坂児玉 天南藤原惺窩村山たか辻 靖剛小侍従局覚巌寂明常栄寺びわ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android