コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田甚兵衛 いけだじんべえ

2件 の用語解説(池田甚兵衛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田甚兵衛
いけだじんべえ

18世紀後半の薩摩琵琶の名手。大隅国の住人。号竜翁。江戸中期の医者で琴をたしなみ天明2(1782)年から同 6年東西を旅した橘南谿の紀行文『西遊記』(1795~98)に,大隅で池田甚兵衛を訪ね,その琵琶を聴いて感動したとある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田甚兵衛 いけだ-じんべえ

?-? 江戸時代中期-後期の琵琶(びわ)演奏家。
もと武士。士風琵琶と町風琵琶を習得し,今日の薩摩(さつま)琵琶の芸風を確立した。橘南谿(たちばな-なんけい)が「西遊記」に,天明2年(1782)にその演奏をきいたときの感動をしるしている。門下に妙寿,徳田善兵衛(ぜんびょうえ)。大隅(鹿児島県)出身。号は竜翁。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone