士風(読み)シフウ

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐ふう【士風】

〘名〙
① 士人としての考え方や行動。
※白石先生手簡(1725頃)二「文廟此事をふかく憂させられ候て、如此之事、養子などの事にて、近世の士風衰颯候」 〔白居易‐祭中書韋相公文〕
武士気風。軍人の風紀。士気。
※新論(1825)守禦「夫士風敗、由国無廉恥
※陸海軍軍人に下し賜はりたる勅諭‐明治一五年(1882)一月四日「士風も兵気も頻に衰へぬへきこと明なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

士風の関連情報