コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙清の乱 みょうせいのらんMyoch'ǒng-ǔi; Ch'ǒndo undong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙清の乱
みょうせいのらん
Myoch'ǒng-ǔi; Ch'ǒndo undong

朝鮮,高麗時代に起った西京 (現平壌) の僧侶妙清 (のち浄心と改名) らによる反乱 (1135~36) 。仁宗時代 (在位 23~46) ,国内が乱れて民心が動揺するなかで,陰陽地理説が横行した。妙清はこの説を巧妙に利用して仁宗に接近,国粋主義的な立場で開京から西京へ遷都運動を展開した。しかし儒臣金富軾らは遷都反対の上奏を行い,仁宗も遷都計画を中止した。そこで妙清らは,仁宗 13 (35) 年西京で国号を大為,年号を天開として,反旗を翻した。仁宗は金富軾を討伐につかわし,投降をすすめたところ,内紛を生じ,妙清は殺害され,やがて反乱は鎮圧された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の妙清の乱の言及

【朝鮮】より

…彼は日本の植民地支配を打ち破る力を民族独自の精神に求め,それを歴史の中に見いだそうとして研究を進めた。そして前近代史を,民族精神と中国の文化に倣おうとする事大精神との闘争の歴史ととらえ,12世紀の妙清(みようせい)の乱により事大精神が民族精神を圧倒するに至るとして,この乱を前近代史上の最大の事件と位置付ける独自の時代区分を主張したのである。 解放以後の朝鮮人研究者による時代区分論も,基本的には上の二つの立場を受け継いだ立場で行われている。…

※「妙清の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android