コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金富軾 きんふしょく Kim Pusik

3件 の用語解説(金富軾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金富軾
きんふしょく
Kim Pusik

[生]文宗29(1075)
[没]毅宗5(1151)
朝鮮,高麗の政治家,学者。慶州の人。高麗の第 15代粛宗のとき文科に及第,粛宗,仁宗に仕えて大功を立てた。仁宗の初年,妖僧妙清が図讖説で国王をそそのかして遷都をはかったが,彼は強く反対してその企てを阻止し,さらに妙清が西京 (平壌) で反乱を起したとき王命を受け鎮圧した (→妙清の乱 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんふしょく【金富軾 Kim Pu‐sik】

1075‐1151
朝鮮,高麗の政治家,儒学者。現存する朝鮮最古の史書《三国史記》の編者として知られる。粛宗(1095‐1105)のとき,科挙に合格し,仁宗代(1122‐46)に宰相となった。1126年に起きた李資謙の乱後,妙清ら西京人は風水地理説に基づいて西京遷都論を唱え,また,女真人が建てた金への侵略を主張したが,これを事大主義の立場から徹底的に批判・攻撃したのが金富軾であった。妙清一派はついに西京で反乱を起こしたが(妙清(みようせい)の乱),これも彼の指揮する官軍によって鎮圧された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金富軾
きんふしょく
(1075―1151)

朝鮮、高麗(こうらい)、仁宗(じんそう)(在位1122~46)朝の宰臣。号は雷川(らいせん)、諡(おくりな)は文烈(ぶんれつ)。慶州の人。粛宗(しゅくそう)(在位1095~1105)代に科挙に合格し、睿宗(えいそう)(在位1105~23)・仁宗代に礼部郎中、中書舎人、礼部侍郎、戸部尚書、翰林(かんりん)学士承旨、判兵部事と累進。1135年妖僧(ようそう)妙清(みょうせい)が西京で乱を起こすと元帥となって鎮圧し、功によって門下侍中となる。42年に68歳で官を退いた。王命により『三国史記』を編修し、また睿宗、仁宗の実録を編修。『高麗史』巻98に伝があり、文集は伝わらないが、その詩文は『東文選』などによって知られる。[田中俊明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金富軾の言及

【三国史記】より

…朝鮮古代の新羅,高句麗,百済3国に関する歴史書。1145年に金富軾らが編纂した官撰書。全50巻で,新羅本紀(1~12),高句麗本紀(13~22),百済本紀(23~28),年表(29~31),雑志(32~40),列伝(41~50)よりなる。…

【妙清】より

…仁宗はこれに動かされて西京に巡幸し,廷臣のなかにも妙清支持者がふえた。これに対して金富軾(きんふしよく)らは遷都に強く反対し妙清を妖人として排撃した。この状況を見て妙清は1135年西京で反乱を起こし,国を大為と称し,天開と建元したため,仁宗は金富軾に命じて討伐させた。…

※「金富軾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金富軾の関連キーワード高麗高麗版高麗焼朝鮮出兵高麗本江戸時代の朝鮮通信使安裕尹瓘崔承老崔冲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone