西京(読み)せいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西京
せいきょう

シーアン(西安)特別市」のページをご覧ください。

西京
せいきょう
Sǒgyǒng

北朝鮮の首都平壌の古名。平壌は古代衛氏朝鮮の首都の王険城であった。のち高句麗の首都になったが,統一新羅の末期には荒廃したので,高麗の太祖王建は首都開城 (開京) の造営に努めるとともに古来の要地として平壌を西京と改め,留守官をおいた。仁宗時代 (1123~46) に僧妙清の進言に基づき,この地への遷都問題が起ったが失敗。妙清らはこの地に拠って反乱を企てたが鎮圧され,西京の地位は格下げされた (→妙清の乱 ) 。モンゴル軍侵入時代は一時,東寧府と改称されその管下におかれたが,忠烈王 16 (1290) 年高麗に返還され,のち再び平壌と呼ばれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さいきょう【西京】

西の方にある都。東京に対して、京都をいうことが多い。
平安京や平城京で、中央の大路を境にして西側の地域。右京。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐きょう ‥キャウ【西京】

〘名〙
① 西のみやこ。西都。特に、東京に対して京都をいう。
※新聞雑誌‐六号・明治四年(1871)七月「西京より越前敦賀えの鉄道を」
② 平城京・平安京などで、中央の朱雀大路を境にした西側の地域。右京。西の京。
※菅家文草(900頃)四・謝文進士新及第、拝辞老母、尋訪旧師「西京老母知猜我、南海閑人喜君」
※大鏡(12C前)六「ひと京まかりありきしかども、侍らざりしに、西京のそこそこなるいゑに」
③ 奈良時代、北京保良宮や平城京に対して由義宮をいう。
※続日本紀‐神護景雲三年(769)一〇月甲子「詔以由義宮西京

にしきょう にしキャウ【西京】

京都市の行政区の一つ。市南西部、桂川中流の西岸にある。松尾大社西芳寺苔寺)、桂離宮などがある。昭和五一年(一九七六)右京区から分離成立。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西京の関連情報