妙辞(読み)みょうじ

大辞林 第三版の解説

みょうじ【妙辞】

すぐれた言葉や文章。 「故意わざと照応波瀾を設けてひたすら規律にしたがふをば其目的となすときには決して-をなし難かり/小説神髄 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐じ メウ‥【妙辞】

〘名〙 すぐれたことば。立派な文章
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「故意(わざ)と照応波瀾を設けて、ひたすら規律にしたがふをば其目的となすときには、決して妙辞(メウジ)をなし難かり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android