コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙高温泉郷 みょうこうおんせんきょう

世界大百科事典 第2版の解説

みょうこうおんせんきょう【妙高温泉郷】

新潟県南西部,妙高山(2446m)東麓妙高高原に開けた温泉郷。標高の高い順に,約1100mの燕(つばめ)温泉(含土類セッコウ泉,45℃),約900mの関温泉(含鉄食塩泉,46℃),700~800mの赤倉温泉(重炭酸土類泉,60℃),池ノ平温泉(単純泉,60℃),500~600mの妙高温泉,新赤倉温泉(いずれも赤倉温泉からの引湯)と並ぶ六つの温泉からなる。享保年間(1716‐36)開湯の関温泉が最も古く,大正末期開湯の池ノ平温泉,新赤倉温泉が最も新しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

妙高温泉郷の関連キーワード妙高高原[町]池の平温泉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妙高温泉郷の関連情報