コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉小路実紀 あねがこうじ さねえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姉小路実紀 あねがこうじ-さねえ

1679-1746 江戸時代中期の公家(くげ),歌人。
延宝7年3月29日生まれ。左近衛権中将,蔵人頭(くろうどのとう)をつとめたが,罪をこうむり宝永4年(1707)出家。著作に二条家の歌学の伝来を説いた「竹亭和歌読方条目」,歌の心得をしるした「和歌用心之事」がある。延享3年8月14日死去。68歳。号は空識,自嘯(じしょう),嘯翁,風竹亭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

姉小路実紀 (あねがこうじさねえ)

生年月日:1679年3月29日
江戸時代前期;中期の公家・歌人
1746年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

姉小路実紀の関連キーワード加賀見光章生年月日山本忠告飯田正紀中期公家

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android