コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉小路実紀 あねがこうじ さねえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姉小路実紀 あねがこうじ-さねえ

1679-1746 江戸時代中期の公家(くげ),歌人。
延宝7年3月29日生まれ。左近衛権中将,蔵人頭(くろうどのとう)をつとめたが,罪をこうむり宝永4年(1707)出家。著作に二条家の歌学の伝来を説いた「竹亭和歌読方条目」,歌の心得をしるした「和歌用心之事」がある。延享3年8月14日死去。68歳。号は空識,自嘯(じしょう),嘯翁,風竹亭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

姉小路実紀 (あねがこうじさねえ)

生年月日:1679年3月29日
江戸時代前期;中期の公家・歌人
1746年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

姉小路実紀の関連キーワード加賀見光章生年月日山本忠告飯田正紀中期公家

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android