姉御許(読み)あねおもと

精選版 日本国語大辞典「姉御許」の解説

あね‐おもと【姉御許】

〘名〙 姉を敬っていう語。
源氏(1001‐14頃)玉鬘「ただ松浦(まつら)の宮の前のと、かのあねおもとのわかるるをなむ、かへり見せられて、悲しかりける」
[語誌](1)「おもと」は女性に軽い敬意を添える語。
(2)平安散文では主に女房階級の長女親愛をもって用いられており、貴族姫君の長女をいう「あねぎみ」「おほいぎみ」よりも敬意が低い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる