委任統治制度(読み)いにんとうちせいど(英語表記)mandate system (League of Nations)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

委任統治制度
いにんとうちせいど
mandate system (League of Nations)

第1次世界大戦後,ドイツおよびトルコの統治から離れた植民地およびこれに準じる領土に対し国際連盟のもとに創設された統治制度。統治を担当する受任国が,国際連盟の一定の監督に服しながら自国の領域として統治するとされた。委任統治地域は,住民の政治的・経済的発達の程度や地理的理由などによってA,B,Cの3式に分けられた。A式はアラビア半島の旧トルコ領に適用され,住民にある程度の自治が認められ,受任国はその地域が独立するまでの間,助言と援助を与えるものとされた。B式,C式は旧ドイツ領に適用され,受任国はこれを自国の領土として統治することを認められる一方で,住民の信仰の自由の保障,奴隷売買の禁止,その他の義務を負った。第2次世界大戦後,この制度は国際連合信託統治制度に受継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android