コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜保 きょうほKam Po

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姜保
きょうほ
Kam Po

高麗の天文学者。 1281年,元の世祖フビライ・ハンは,支配下の高麗に,前年から施行されていた授時暦の採用を命じた。世子である忠宣王は,授時暦の伝習のために書雲正の姜保を元に派遣した。姜保は授時暦の算法を研究し,暦書の計算に必要ないわば早見数表を作成した。それが『授時暦捷法立成』であり,忠恵王4 (1343) 年に刊行された。この上巻,および郭守敬とともに授時暦制定事業に参加した王恂 (おうじゅん) の『授時暦立成』の朝鮮活字本は,李王朝の奎章閣に収蔵され,現在ソウル大学に保管されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

姜保の関連キーワード少弐資能ワレルマルチヌス4世郭守敬元寇鷹島(たかしま)沖海底遺跡元寇許衡元寇弘安の役

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android