コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会式 えしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会式
えしき

仏教の法会 (ほうえ) の儀式のこと。とりわけ日蓮宗では日蓮の正忌日に修する法をお会式と称し,毎年 10月 12,13日の2日間各派寺院で修法を行じる。日蓮の入滅の地である東京都大田区池上本門寺と杉並区堀ノ内妙法寺は最も盛ん。当夜寺院では祖師像に餅を供えて昼夜読経説教する。信者は万灯を押立て,太鼓をたたき題目を称えながら参拝する。大会式,開山会,御命講 (ごめいこう) ,御影供などともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

会式【えしき】

元来,法会の儀式の略称。仏教各宗の行う法会と同義。今ではとくに日蓮正忌日に修する法会を御会式(おえしき),御命講(おめいこう)といい,毎年10月12,13日の両日,同宗寺院では読経説教し万灯をおし立て題目を唱え,多くの旦信徒が参詣する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えしき【会式】

法会(ほうえ)の儀式の意。華厳会式,灌頂会式などと,たんに法会の意味でも用いられているが,後世もっぱら日蓮の正忌日(10月13日)に日蓮宗各寺で行われる追恩の法会を指して御会式(おえしき)という。御会式に参ることを会式参りといい,信徒がこの日仏壇に飾る吉野紙製の桜花を会式花という。このころ彼岸桜が狂い咲くといい,これを会式桜と称している。また真宗高田派では,3世顕智が消え失せたという7月4日に顕智を探すためといって,信者が夜を徹して集まるのを会式と称する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えしき【会式】

法会の儀式。特に日蓮宗で、日蓮の忌日である10月13日を中心に営む法会。お会式。お命講めいこう。御影供おめいく[季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

会式の関連キーワード悔・海・乖・介・会・偕・喙・回・塊・壊・壞・廻・快・怪・恢・悔・懐・懷・戒・拐・改・晦・會・械・楷・海・潰・灰・界・皆・絵・繪・芥・解・誡・誨・諧・開・階・魁長野オリンピック冬季競技大会札幌オリンピック冬季競技大会太子(町)(兵庫県)道成寺(和歌山県)薬師寺(奈良市)オリンピック憲章すすきみみずく鞍馬竹伐会式萩元 晴彦有田(市)鞍馬の竹伐竹伐の会式金峯山寺修正鬼会金 梅子会式1号団扇太鼓片桐由貴お別れ会

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会式の関連情報