コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫神岳 ひめかみだけ

世界大百科事典 第2版の解説

ひめかみだけ【姫神岳】

姫神山ともいう。北上高地の北部,岩手県岩手郡玉山村にある標高1125mの山。全山中生代の花コウ岩からなる角錐状の山で,頂上付近は花コウ岩が露出する。周囲は標高350~900mの高原が広く開けているが,姫神岳はこれらの高原面からとり残された残丘である。坂上田村麻呂守護神を山頂にまつり,この地方を支配したとの言い伝えがある。玉東山とも呼ばれ,岩手山早池峰(はやちね)山とともに南部の三霊山として山岳信仰の中心であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

姫神岳の関連キーワード早池峰姫神山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android