コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫神岳 ひめかみだけ

1件 の用語解説(姫神岳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひめかみだけ【姫神岳】

姫神山ともいう。北上高地の北部,岩手県岩手郡玉山村にある標高1125mの山。全山が中生代の花コウ岩からなる角錐状の山で,頂上付近は花コウ岩が露出する。周囲は標高350~900mの高原が広く開けているが,姫神岳はこれらの高原面からとり残された残丘である。坂上田村麻呂守護神を山頂にまつり,この地方を支配したとの言い伝えがある。玉東山とも呼ばれ,岩手山早池峰(はやちね)山とともに南部の三霊山として山岳信仰の中心であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

姫神岳の関連キーワード神山北上北上川北上高地北上盆地渋民早池峰山馬淵川石神の丘内野常次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone