北上高地(読み)きたかみこうち

  • きたかみこうち ‥カウチ
  • きたかみこうち〔カウチ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北上山地ともいう。東北地方の東部にあり,北端青森八戸市付近,南端宮城牡鹿半島にいたる紡錘形高地。南北全長 240km余。東西の最大幅 80km余。主として北部は中生層,南部は古生層から成る隆起準平原地形が各地にみられる。その高度は 800~1000m前後。特に平庭,外山早坂,種山などの高原はその代表的なもので,古くから南部馬の放牧場として利用されてきた。最高峰は中央部にある早池峰山 (1917m) で,北部に平庭岳や折爪岳,姫神岳,南部に五葉山,室根山などがあり,早池峰山にはハヤチネウスユキソウなどの高山植物やカモシカ (特別天然記念物) がみられる。 1970年より,産業と自然の調和を基本に畜産,林産を柱とした北上山系大規模開発事業が進められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

岩手県東半部を占める山地。西は北上川馬淵(まべち)川の縦谷で限られ,東は太平洋に臨む。主として南部は古生層,北部は中生層からなり,標高1000〜1200mの高原状の隆起準平原で,最高点は早池峰(はやちね)山。雑穀作,放牧などの産業が行われる。
→関連項目岩手[県]北上盆地住田[町]大東[町]東和[町]遠野[市]宮城[県]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

北上山地ともいう。北は青森県八戸市付近から岩手県の東半分を経て,宮城県牡鹿(おしか)半島におよぶ紡錘形の山地。南北延長240km,東西の最大幅77km余,標高は800~1000m前後のものが多い。北から平庭,早坂,外山,区界(くざかい),種山(物見山),荒川,貞任,和山などの高原は代表的な準平原で,古くから南部馬の放牧地として利用されてきた。最高峰は中央部にある早池峰(はやちね)山(1914m)で,北部に平庭岳,折爪岳や姫神岳,南部に五葉山や室根山などがあり,これらは浸食に耐えて残った残丘である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東北地方北東部にある山地。北上山地ともいう。北は青森県八戸(はちのへ)付近から岩手県を経て宮城県牡鹿(おしか)半島に及ぶ南北約250キロメートル、東西最大80キロメートルの紡錘形をなした山地である。東部は三陸海岸で太平洋に臨み、西部は北上川を隔てて奥羽山脈に対する。かつて準平原化し、その後隆起して生じた隆起準平原で、北から平庭(ひらにわ)高原、早坂高原、区界(くざかい)高原、種山(たねやま)ヶ原などの広大な侵食平坦(へいたん)面がみられる。主として古生代ペルム紀(二畳紀)の粘板岩、砂岩、石灰岩などからなり、高地の中央部を花崗(かこう)岩からなる早池峰構造帯(はやちねこうぞうたい)が貫いている。平均標高は約1000メートルであるが、早池峰山(1917メートル)の周辺には1300メートル前後の山々が集中する。交通路はかつては河川、渓谷に沿った峠道で不便であったが、現在、JR山田線、釜石(かまいし)線、大船渡(おおふなと)線が通じ、第三セクターによる三陸鉄道も1984年(昭和59)開通した。さらに北上高地を縦断する国道340号、海岸線を走る国道45号の全面舗装は北上高地の産業開発に大きな役割を果たし、酪農と畜産に比重をおいた北上山系開発に期待が寄せられている。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

東北地方北東部、青森、岩手、宮城の三県にまたがる高地。主体は北上川、三陸海岸の間にあり、八戸市の南方から牡鹿半島に及ぶ隆起準平原。最高峰は早池峰(はやちね)山(一九一七メートル)。北上山地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の北上高地の言及

【岩手[県]】より

…さらに東北自動車道が86年青森市まで全通,97年秋田自動車道も全通して,〈中央に遠い北国〉という古くからの課題が,ようやく克服されてきた。
[ダムと米と畜産]
 岩手県は,北上川縦谷盆地(北上盆地)とそれをはさむ奥羽山脈北上高地の3条の巨大な地形によって特色づけられ,東縁は三陸海岸線となっている。南流する北上川は一関市の南,狐禅寺付近で北上高地を横切るとき,宮城県域も含めて約25kmに及ぶ峡谷を形成している。…

【プレートテクトニクス】より

… (2)の例としては,北アメリカ西部のコルディレラ山脈中に多数の外来地塊が存在することがわかり,古地磁気,古生物学的証拠からそれらがはるか遠方から到来した地塊であると指摘されている。東北日本東側の北上高地,阿武隈高地なども白亜紀以前に南方から移動してきた外来地塊であると考えられる。それらの起源としてパシフィカPacificaのような超大陸を考える人もある。…

※「北上高地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android