コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婉という女 エントイウオンナ

2件 の用語解説(婉という女の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんというおんな〔ヱンといふをんな〕【婉という女】

大原富枝歴史小説江戸時代初期の土佐藩家老野中兼山の娘、婉の40年に渡る幽閉生活とその後を描く。昭和35年(1960)刊行。同年、第13回野間文芸賞受賞。昭和46年(1971)映画化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

婉(えん)という女

1971年公開の日本映画。監督:今井正、原作:大原富枝による同名小説、脚本:鈴木尚之、撮影:中尾駿一郎。出演:岩下志麻江原真二郎河原崎長一郎、緒形拳、中村賀津雄、田代美恵子、楠侑子ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

婉という女の関連キーワードまた逢う日までひめゆりの塔OUTキクとイサム恋空純愛物語どっこい生きてる内海の輪真昼の暗黒夜の鼓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone