コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原崎長一郎 かわらさき ちょういちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原崎長一郎 かわらさき-ちょういちろう

1939-2003 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和14年1月11日生まれ。2代河原崎長十郎の長男。昭和20年子役で初舞台,36年東映の「鉄火大名」で映画デビュー。38年「五番町夕霧楼」でブルーリボン助演男優賞,のち「神々の深き欲望」などに出演。一時,前進座の舞台でも活躍,テレビ出演もおおかった。平成15年9月19日死去。64歳。東京出身。早大中退。本名は統一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河原崎長一郎の関連キーワード河原崎 権之助(8代目)河原崎 長十郎(2代目)花へんろ・風の昭和日記宮本武蔵 巌流島の決斗神様のくれた赤ん坊ダブル・クラッチ河原崎 しづ江大草原に還る日幕末残酷物語母と呼ばれて君が若者ならおれの行く道戦争と青春人間の約束花の咲く家河原崎建三わたしは女婉という女遠き落日櫛の火

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android