コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子々姫 ねねひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

子々姫 ねねひめ

1599-1622 江戸時代前期,前田利常の妻。
慶長4年生まれ。徳川秀忠(ひでただ)の次女。慶長6年利常(のち加賀金沢藩3代藩主)と結婚。19年2代藩主前田利長の死去により,能登(のと)3万石をあたえられる。3男5女を生み,長男光高は4代藩主,次男利次は越中富山藩主となった。元和(げんな)8年7月3日死去。24歳。江戸出身。禰々姫,珠妹姫とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

子々姫の関連キーワード野沢 喜左衛門(2代目)桐竹 紋十郎(2代目)野沢喜左衛門(2世)宇佐美 桂一野沢喜左衛門あまのじゃく持永 只仁前田利次室井美香峰岸綾子天の邪鬼持永只仁前田利常瓜子姫天邪鬼桃太郎昔話山姥

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android