コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの貧血 こどものひんけつ (Anemia)

1件 の用語解説(子どもの貧血の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こどものひんけつ【子どもの貧血 (Anemia)】

 子どもは、ふつう新生児期では多血症(たけつしょう)ぎみなので、貧血がおこることはまれです。
 しかし、さまざまな原因で、鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)、再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)、溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)、続発性貧血(ぞくはつせいひんけつ)などがおこることがあります。このなかでも多いのは、鉄欠乏性貧血です。
 授乳中のお母さんは、鉄分の消費がふえ、母乳に含まれる鉄分が不足するために、母乳だけで育てられている赤ちゃんは鉄欠乏性貧血になることがあります。からだの発育がさかんなこともこれを助長しています。
 幼児以降の鉄欠乏性貧血は、たいていは鉄分の摂取不足が原因です。牛乳、レバーなど鉄分を多く含む食品を適宜与えることが必要です。
 新生児溶血性黄疸(しんせいじようけつせいおうだん)(「新生児溶血性黄疸」)のほか、「子どもの鉄欠乏性貧血」が、子どもに代表的な貧血です。そのほかの貧血は、原因、治療などおとなの場合と同じです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子どもの貧血の関連キーワード過熟児新生児期多血症赤芽細胞新生児一次性出血症新生児下痢新生児出血性疾患新生児体重減少低体重新生児プロピオン酸血症

子どもの貧血の関連情報