コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨赤芽球性貧血

3件 の用語解説(巨赤芽球性貧血の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

巨赤芽球性貧血

 赤芽球の分裂異常によって巨大な赤血球ができることによって生じる貧血.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

きょせきがきゅうせいひんけつ【巨赤芽球性貧血 Megaloblastic Anemia】

[どんな病気か]
 骨髄(こつずい)にある造血細胞(ぞうけつさいぼう)は、ビタミン12や葉酸(ようさん)というビタミンの助けがないと、正常な赤血球(せっけっきゅう)をつくることができません。
 これらのビタミンが不足すると、巨赤芽球という巨大な赤血球の母細胞が現われ、赤血球が不足して貧血になります。これが巨赤芽球性貧血です。
 とくに、胃粘膜(いねんまく)の萎縮(いしゅく)、胃液の分泌(ぶんぴつ)が悪い(胃内因子分泌不全)ためのビタミンB12吸収不良が原因である貧血を、悪性貧血(あくせいひんけつ)といいます(コラム「巨赤芽球性貧血と悪性貧血」)。
 日本では比較的少ない貧血で、ときにお年寄りや胃を切除した人にみられる程度です。治療すれば、完全に治すことができます。
[症状]
 だるさ、息切れ、動悸(どうき)を強く感じるなど、貧血の一般症状(貧血とはの「貧血の症状」)のほか、舌が赤くピリピリする、舌の表面がツルツルするといった症状が現われることがあります。
 食欲不振、吐(は)き気(け)、下痢(げり)など、胃腸症状も現われ、胃液の分泌が低下して減酸症(げんさんしょう)や無酸症(むさんしょう)(「減酸症/無酸症」)もおこります。また、しびれ感や知覚が鈍くなるなどの神経症状が下肢(かし)(脚(あし))におこり、ひどくなると歩行困難になって、むりに歩くとからだが揺れます。
 これらの症状は、だんだんに現われてくるのがふつうで、ある日、突然おこるようなことはありません。
[原因]
 体内のビタミンB12か葉酸が不足しておこります。
 ビタミンB12の不足は、これを含む食品の摂取不足でおこることはまれで、ほとんどはこのビタミンを十分に吸収できないためにおこります。
 ビタミンB12が吸収されるためには、胃液に含まれる内因子という物質の助けが必要ですが、萎縮性胃炎、胃切除などによって内因子が不足すると、このビタミンの吸収障害がおこります。
 また、免疫(めんえき)の異常による内因子の分泌(ぶんぴつ)障害、腸でのこれらのビタミンの吸収障害、妊娠やアルコール中毒、がんなどによるこれらビタミンの消費の増大などでも、この貧血がおこります。
 内科を受診すれば、貧血であることはわかりますが、この貧血を確実に診断するには、詳しい検査が必要ですので、血液専門の医師のいる医療機関での受診が勧められます。
[検査と診断]
 静脈から10mℓほど採血し、鉄欠乏性貧血と同様の検査(「鉄欠乏性貧血」の検査と診断)を行なうほか、血液中のビタミンB12と葉酸の量も調べます。
 この貧血をともなう病気を調べるため、骨髄(こつずい)検査、肝機能検査便の検査、胃の検査なども行なわれます。
 骨髄液の検査で巨赤芽球を検出することが診断に重要です。
 原因がはっきりすれば、完全に治せますから、検査はきちんと受けるべきです。
[治療]
 ビタミンB12が不足している場合は、ビタミンB12剤を注射で使用します。ときには、生涯にわたって、ときどき注射が必要な人もいます。葉酸が不足している場合は、内服か注射で葉酸が使用されます。
 昔からレバーを食べると効果があるといわれていますが、医師の指示にしたがって薬剤をきちんと使用したほうが確実で、食事療法の必要性はあまりないようです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巨赤芽球性貧血
きょせきがきゅうせいひんけつ

悪性貧血」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の巨赤芽球性貧血の言及

【貧血】より

…遺伝性で赤血球の細胞膜,酵素ないしヘモグロビンの異常によるもの,後天性で自分の赤血球に対する抗体が生じて起こる自己免疫性溶血性貧血,Rh血液型不適合妊娠による新生児溶血性疾患など,多くの原因によるものがある。 巨赤芽球性貧血megaloblastic anemiaビタミンB12ないし葉酸はDNAの合成に必要である。したがって,これらの欠乏はDNA合成障害,ひいては核の成熟障害を起こし,分裂,増殖の盛んな造血細胞ことに赤血球は産生障害を起こして,貧血を生じる。…

※「巨赤芽球性貧血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巨赤芽球性貧血の関連キーワード骨髄バンク骨髄幹細胞骨髄に入る骨髄に徹する骨髄に徹る骨髄を砕く恨み骨髄に徹す骨髄硬化症前骨髄球骨髄バンクカード

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone