コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶血性貧血 ようけつせいひんけつhemolytic anemia

7件 の用語解説(溶血性貧血の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶血性貧血
ようけつせいひんけつ
hemolytic anemia

赤血球の寿命 (正常では 120日) が短縮し,生成が破壊に追いつかなくなるために起る貧血。原因が赤血球自体にある内因性溶血性貧血と,赤血球外にある外因性溶血性貧血に分れる。貧血,黄疸,脾腫を伴うことが症状の特徴である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ようけつせい‐ひんけつ【溶血性貧血】

溶血を起こし、赤血球の破壊が造血能力を超えるためにみられる貧血。先天的に赤血球の膜が弱い場合や自己免疫疾患薬物中毒などで起こり、貧血のほか脾腫(ひしゅ)黄疸(おうだん)などの症状を呈する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

溶血性貧血【ようけつせいひんけつ】

赤血球は120日前後たつと肝臓と脾臓で破壊されるが,この速度が早くなって赤血球が溶血し,不足した赤血球が補えなくなったことによって起こる貧血。先天性のものと後天性のものがあるが,後天性のものはなんらかの原因で自分の赤血球に対する抗体ができてしまうことによって起こる自己免疫疾患がほとんどである。
→関連項目アレルギー反応胎児赤芽細胞症溶血溶血性尿毒症症候群

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

家庭医学館の解説

ようけつせいひんけつ【溶血性貧血 Hemolytic Anemia】

[どんな病気か]
 骨髄(こつずい)でつくられた赤血球(せっけっきゅう)は約120日たつと、肝臓や脾臓(ひぞう)で破壊され、死滅します。この期間が短くなり、赤血球がつぎつぎに破壊されてどんどん溶けてゆき(溶血)、しかも新しい赤血球の生産が追いつかないためにおこる貧血が、溶血性貧血です。
 他の貧血に比べると、そう多くみられるものではありません。
[原因]
 溶血性貧血は、いろいろな原因でおこりますが、先天性のものと、後天性のものに大きく分けられます。
●先天性の原因
 生まれつき赤血球に異常があって、そのために赤血球が破壊されやすいものです。
 代表的な病気に、遺伝性球状赤血球症(いでんせいきゅうじょうせっけっきゅうしょう)があります。
●後天性の原因
 この代表は、自己免疫性溶血性貧血(じこめんえきせいようけつせいひんけつ)です。これは、なんらかの原因で、自分の赤血球を抗原(こうげん)(異物)とみなす抗体(こうたい)ができてしまい、この抗体が赤血球に結合して免疫(めんえき)の攻撃を受けて溶血がおこるもので、自己免疫疾患(免疫のしくみとはたらきの「自己免疫疾患とは」)の1つです。
 後天性の原因としては、発作性夜間(ほっさせいやかん)ヘモグロビン尿症(にょうしょう)(発作性夜間血色素尿症(ほっさせいやかんけっしきそにょうしょう))もあります。これは、ときに起床時の尿にヘモグロビンが混じって尿の色が変わることがある病気です。後天的に赤血球が補体(ほたい)(抗原と抗体の複合物に結合して異物の処理を助けるもの)と反応しやすくなり、そのために溶血がおこると考えられています。
[症状]
 貧血の一般症状(貧血とはの「貧血の症状」)のほか、壊れた赤血球の成分が皮膚に沈着するため、黄疸(おうだん)が現われます。
 溶血の程度はいろいろで、徐々に貧血と黄疸がおこってくることもありますが、急激におこることもあります。
 また、後天性の溶血性貧血は、寒冷、激しい運動やかぜ、薬剤の服用がきっかけとなっておこることもあります。
 溶血のために、ときに尿の色が濃くなり、ひどくなると、いつも茶褐色の尿が出ます。
 溶血が急におこった場合は、腹痛、発熱もみられます。そのほか、脾臓が腫(は)れることもあり、胆石(たんせき)ができることもあります。
[検査と診断]
 鉄欠乏性貧血の検査(「鉄欠乏性貧血」の検査と診断)と同様の検査のほかに、特殊な検査も必要なので、血液の専門医の診察も受けるようにします。検査そのものは、静脈から採血するだけですから簡単ですが、入院して精密検査を受けたほうが早く診断がつきます。
[治療]
 原因が先天性である場合は、脾臓を切除して赤血球の破壊を抑えます。後天性で、免疫が関係する貧血はステロイド副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン)や免疫抑制薬を使用します。
 溶血性貧血をおこす病気はほかにもいろいろあり、それぞれ治療法が異なります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

大辞林 第三版の解説

ようけつせいひんけつ【溶血性貧血】

何らかの原因で赤血球の破壊が亢進した結果起こる、貧血を主症状とする疾患の総称。黄疸を伴う。先天的に赤血球に異常がある場合のほか、自己免疫疾患、薬物過敏症、新生児の Rh 不適合、異型輸血などで起こる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溶血性貧血
ようけつせいひんけつ
hemolytic anemia

なんらかの機序によって赤血球の寿命(約120日)が維持できず、崩壊するためにおこる貧血をいい、単一の疾患ではなく一つの症候群である。その原因は多く、先天性(遺伝性)と後天性に大別される。
 先天性溶血性貧血には、赤血球膜の異常による遺伝性球状赤血球症や遺伝性楕円(だえん)赤血球症など、ヘモグロビンの異常による異常血色素症やサラセミアthalassemia(地中海貧血)など、赤血球酵素の欠乏によるものがあり、後天性溶血性貧血には、免疫学的機序による自己免疫性溶血性貧血や血液型不適合による新生児溶血性疾患などをはじめ、機械的障害、やけどなどによる物理的障害、ヘビ毒などによる化学的障害などに起因するものがある。なかには原因不明のものもある。これらのうち、代表的なものは遺伝性球状赤血球症、自己免疫性溶血性貧血、ABO式血液型不適合による新生児溶血性疾患である。
 主要症状は貧血、黄疸(おうだん)、脾腫(ひしゅ)であり、長期間溶血性貧血が続くとビリルビン結石による胆石を生じやすく、これに基づく腹痛がみられる。治療は各病型によって異なるが、遺伝性球状赤血球症には脾臓の摘出術、自己免疫性溶血性貧血には副腎(ふくじん)皮質ホルモン剤の投与、新生児溶血性疾患には交換輸血がそれぞれ第一選択として行われる。[伊藤健次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の溶血性貧血の言及

【黄疸】より

… 黄疸を考える場合に,肝前性黄疸,体質性黄疸,肝性黄疸,肝後性黄疸に分類すると,病態の理解が容易である。(1)肝前性黄疸 ビリルビンの過剰生成によるもので,溶血性貧血とシャント高ビリルビン血症が代表的な疾患である。溶血性貧血は,種々の原因により溶血の亢進が起こって,肝臓が処理できる限度以上にビリルビンが産生されるもので,非抱合ビリルビン血症,赤血球半減期の短縮,糞便および尿中ウロビリン体増加を伴う。…

【貧血】より

…つまり,貧血は症状であって,病名ではなく,種々の病気がこの中に含まれている。貧血は発生原因や赤血球の形によって,鉄欠乏性貧血,再生不良性貧血,溶血性貧血,鉄芽球性貧血,悪性貧血などに分けられ,このうち鉄欠乏性貧血が最も多くみられる。
[貧血の医学的な定義]
 医学的には,貧血は,血液の単位容積中のヘモグロビン濃度が,年齢および性を考慮した正常値に達しない状態と定義される。…

※「溶血性貧血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

溶血性貧血の関連キーワード血圧バナー広告カタン糸水滸伝総会屋ブローニーフィルム東ティモール内戦オーストラリア派兵120年ぶりの天覧劇歌舞伎の動向

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

溶血性貧血の関連情報