コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子ども病 こどもびょう

1件 の用語解説(子ども病の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

子ども病

日本の組織や社会人に見られがちな子供っぽい傾向のこと。2014年2月に発行された『「一体感」が会社を潰す 異質と一流を排除する<子ども病>の正体』(秋山進、PHP研究所)で提唱された造語。子ども病の根源は、自立・自律ができていない個人と、ムードに支配されている組織にあるとしている。特徴的な傾向は、「仲間との仕事を好む」「飛び抜けた人を排除する」「一体感や“空気を読む”ことを求める」「ルールマニュアルを重視しすぎる」「反対意見を個人攻撃と取る」など。著者は、独立した大人の集まりである海外の組織と対等に渡り合うためにも、組織・個人共に目的合理的な思考行動パターンを確立しなければならないと説いている。

(2014-3-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子ども病の関連キーワード大供大人っぽい子子し子供染みる子供っぽい社会人稚気茶目ガチャガチャポン!ヴィトリナーチナイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子ども病の関連情報