異質(読み)いしつ

精選版 日本国語大辞典「異質」の解説

い‐しつ【異質】

〘名〙 (形動)
物事や人などの性質が他とちがっていること。また、そのさま。⇔同質
※ブラリひょうたん(1950)〈高田保対面「同気同質の二人なら、対面して話の末に何か生れることもあるだろうが、異気異質の二人ではどうにもなるはずがない」
② 他と異なる、すぐれた才能。また、その才能のある人。〔魏志‐武帝紀注〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「異質」の解説

い‐しつ【異質】

[名・形動]性質の違うさま。また、その性質。「異質成分」「社内で異質存在」⇔同質
[類語]異種別種違い差異相違異同誤差小異大差同工異曲大同小異分かち格差落差開き隔たり懸隔僅差個人差不一致ギャップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android