裸子器(読み)らしき(英語表記)apothecium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裸子器
らしき
apothecium

子器子嚢盤ともいう。子嚢菌類子実体 (子嚢果) の一形態でチャワンタケピロネマなどの類にみられる。また子嚢菌地衣と称されるものにも発達している。皿状,碗状,杯状をしており,その内面 (上面) に子実層ができ,そこで有性生殖が完了して子嚢が形成される。多くは棍棒状の子嚢と側糸とが密生する。ここに生じた子嚢胞子は成熟するに従い空中に放出される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裸子器
らしき

子嚢(しのう)菌類の子実体(子嚢果)のうち、円柱状子嚢の層(子実層)を裸出しているもので、子嚢盤ともいう。大きさは1ミリ以下のものから20センチに達するものまである。子実層は一般に上向きの表面に形成され、その下には菌糸組織からなる子実下層があり、さらにこれを支えているのは髄と皮層(外壁)からなる子実層床である。裸子器には柄(え)が発達しているものもある。
 裸子器を形成するのは真正子嚢菌類の盤菌類で、ビョウタケ類のテングノメシガイは黒い棍棒(こんぼう)形子実体の上半分が子実層で覆われ、子嚢は長い子嚢胞子を一つずつ数秒間隔で約5ミリメートル射出する。チャワンタケ類の子嚢の先端には跳ね返る蓋(ふた)があって、8子嚢胞子をほとんど同時に1~2センチメートル射出する。大きい裸子器では、成熟した数千の子嚢がわずかな環境変化によって同時に射出を行うので、かすかに音を発し、射出されて空中に浮く胞子群が白煙のようにみえる。[寺川博典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android