コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子安観音 コヤスカンノン

デジタル大辞泉の解説

こやす‐かんのん〔‐クワンオン〕【子安観音】

安産や幼児の成長を守護するという観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)。
隠れキリシタンが礼拝した聖母像

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こやすかんのん【子安観音】

安産をかなえ、幼児の無事を守るとされる観世音菩薩。子安。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の子安観音の言及

【子安神】より

…子安神の名は《三代実録》に〈美濃国児安神〉とあり,その信仰は古い。子安神には木花之開耶姫(このはなのさくやびめ)を祭神とする子安神社と,観音・地蔵などと結びついた子安観音・子安地蔵とが全国的に分布している。子安観音は中国の慈母観音の影響を受けたといわれ,幼児を抱いた慈母の像で,西日本に多く,堂または神社の形をとって祀られている。…

※「子安観音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子安観音の関連キーワード宮崎県東臼杵郡門川町庵川岩手県一関市東山町長坂観世音菩薩小松[町]妊娠祈願子安神子授け子安石女安産小松

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子安観音の関連情報