コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮卵管造影法 しきゅうらんかんぞうえいほうhysterosalpingography; HSG

2件 の用語解説(子宮卵管造影法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子宮卵管造影法
しきゅうらんかんぞうえいほう
hysterosalpingography; HSG

子宮や卵管の内腔を検査するために,子宮口から造影剤を注入してX線撮影を行うもの。主として不妊症の原因究明に用いられる。その他,子宮奇形,子宮腫瘍,子宮内膜の異常,卵巣腫瘍などの診断に広く用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

子宮卵管造影法【しきゅうらんかんぞうえいほう】

子宮と卵管の内腔にX線造影剤を注入してX線による腹背撮影を行うこと。不妊原因診断には欠かせない検査であり,子宮奇形の有無,子宮体や卵管の形状,卵管閉鎖の有無,病的変化などの調査に広く用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone