コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮卵管造影法 しきゅうらんかんぞうえいほう hysterosalpingography; HSG

2件 の用語解説(子宮卵管造影法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子宮卵管造影法
しきゅうらんかんぞうえいほう
hysterosalpingography; HSG

子宮や卵管の内腔を検査するために,子宮口から造影剤を注入してX線撮影を行うもの。主として不妊症の原因究明に用いられる。その他,子宮奇形,子宮腫瘍,子宮内膜の異常,卵巣腫瘍などの診断に広く用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

子宮卵管造影法【しきゅうらんかんぞうえいほう】

子宮と卵管の内腔にX線造影剤を注入してX線による腹背撮影を行うこと。不妊原因診断には欠かせない検査であり,子宮奇形の有無,子宮体や卵管の形状,卵管閉鎖の有無,病的変化などの調査に広く用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

子宮卵管造影法の関連キーワード子宮口子宮脱卵管子宮頸管子宮頸部子宮体部子宮内膜子宮付属器炎子宮内避妊具子宮頚部

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone