子宮卵管造影法(読み)しきゅうらんかんぞうえいほう(英語表記)hysterosalpingography; HSG

百科事典マイペディアの解説

子宮と卵管の内腔にX線造影剤を注入してX線による腹背撮影を行うこと。不妊の原因診断には欠かせない検査であり,子宮奇形の有無子宮体や卵管の形状,卵管閉鎖の有無,病的変化などの調査に広く用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android