子島曼荼羅(読み)コジママンダラ

大辞林 第三版の解説

こじままんだら【子島曼荼羅】

奈良県高市郡高取町の子島寺に伝わる、紺の綾地に金銀泥を用いて描いた両界曼荼羅の通称。一条天皇から賜ったものと伝える。平安前期の作で、両界曼荼羅の初期のものとして重要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android