コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子持勾玉 こもちまがたま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子持勾玉
こもちまがたま

比較的大型の勾玉の腹,背,胴などに小型の勾玉を付着させたもの。石質滑石が多いが,蛇紋岩などもある。古墳時代中期頃からみられる。古墳,祭祀遺跡から出土するものもあるが,多くは単独出土で,用途については明らかでない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の子持勾玉の言及

【勾玉∥曲玉】より

…あるいは,沖縄の巫女の持物のなかにも,碧玉製の大型勾玉を見いだすことができる。 古墳時代には,大型の勾玉形を母体として,その腹背および両側面に,小型の勾玉形がいくつも付着した形に作ったものがあって,子持勾玉と総称している。勾玉と同じ位置に孔があるが,はたして頸飾などとして着装したものか否かはわからない。…

※「子持勾玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子持勾玉の関連キーワード百舌鳥古墳群金崎古墳群曽我遺跡玉作遺跡

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子持勾玉の関連情報