滑石(読み)かっせき(英語表記)talc

翻訳|talc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「滑石」の解説

滑石
かっせき
talc

Mg3Si4O10(OH)2単斜晶系鉱物。六角板状結晶。普通は板状または繊維状集合として産する。{001}で劈開完全,劈開片は曲げることができ,いくぶん弾性がある。硬度1,比重 2.7~2.8。劈開片で真珠光沢,触感はなめらか。純粋なものは白色,普通は淡緑ないし緑色。マグネシウムケイ酸塩鉱物 (橄欖石など) ,ケイ質ドロマイトマグネサイトが変質して2次的に生成された鉱物である。広域変成作用を受けたマグネシウム含有炭酸塩岩や蛇紋岩中に産する。日本ではほとんど蛇紋岩中の小レンズ (幅1~数m,長さ 10~20m) として産する。良質の滑としては,二酸化ケイ素>60%,酸化マグネシウム>30%,酸化カルシウム<2%,酸化アルミニウム<1.5%,三酸化二鉄<0.5%が望ましい。陶磁器うわぐすりステアタイト磁器,製紙用填料,塗料助剤,減磨剤,農薬などに用いられる。北海道松前,埼玉,岩手,茨城,和歌山,兵庫,岡山から産出する。古墳時代には石製模造品として鏡,剣,玉など祭祀用に各地で盛んに使われた。また仏典を刻んだり経筒などにも用いられた。タルクともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「滑石」の解説

滑石
かっせき
talc

モースの硬度計でもっとも低い硬度を示す鉱物。おもに変質した超塩基性岩、石英‐滑石片岩といった低変成度の広域変成岩中に産する。珪質(けいしつ)苦灰岩起源のスカルン中にも産する。普通は塊状ないし繊維状結晶の集合であるが、まれに粗い葉片状結晶もある。粉末は非常にすべすべしている。医薬品、農薬、化粧品の増量剤、製紙用の材料として用いられる。英名の語源は古く、おそらくアラビア語から由来したと考えられている。

[松原 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「滑石」の解説

滑石【かっせき】

タルクとも。白色または緑灰色の鉱物。硬度1で鉱物中最もやわらかい。脂感のあるガラス光沢で,へき開片は曲げることができ,幾分弾性がある。単斜晶系または三斜晶系で,成分はMg3Si4O1(/0)(OH)2。超苦鉄質岩の熱水変質またはケイ質ドロマイトの変成作用でできる。粉末は製紙,ゴム,化粧品などの増量剤,絶縁用の滑石磁器原料など用途が広い。→蝋石(ろうせき)
→関連項目タルカム・パウダー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「滑石」の解説

かっ‐せき クヮッ‥【滑石】

〘名〙 含水珪酸マグネシウムを主成分とする柔らかい鉱物。単斜晶系。白色または緑色を帯び絹糸光沢がある。六角板状晶あるいは葉片状の集合体、または結晶粉末。結晶片岩、蛇紋岩中に産する。吸収剤、散布剤などの医薬品、打粉(うちこ)、減摩剤、滑石磁器の原料などに用いられる。タルク。タルカン。〔日用月用能毒之捷径(1568)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版「滑石」の解説

滑石
カッセキ
talc

[同義異語]タルク

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典 第2版「滑石」の解説

かっせき【滑石】

マグネシウム粘土鉱物の一種。タルクtalcとも呼ぶ。化学組成はMg3Si4O10(OH)2。灰色,淡緑色,半透明塊状,ときには葉片塊状となる。また白色粘土状を呈する。単斜晶系,板状結晶で板状方向にへき開が発達し真珠光沢を示す。多くは微細鱗片状で,粉末は強い脂感をもつ。モース硬度1,最も軟らかい鉱物の一つ。蛇紋岩などの熱水分解部やドロマイトの熱水変質部,またケイ質ドロマイトの低変成帯に産出する。岩石の構成鉱物として滑石片岩にも含有される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の滑石の言及

【琉璃渓】より

…京都府船井郡園部町の南西部にある渓谷。瑠璃渓とも記し,かつては滑石(なめらいし)と呼ばれた。国の名勝。…

※「滑石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android