蝋石(読み)ろうせき

百科事典マイペディア「蝋石」の解説

蝋石【ろうせき】

なめらかで緻密(ちみつ)で,もろいアルミナ質の鉱物集合体(岩石)で,葉蝋石カオリン鉱物,絹雲母,ダイアスポアAl2O3・H2Oなどを主成分とする。色は淡緑,淡黄,灰白色などで,中性〜ケイ長質の火山岩中に塊状・脈状で産する。以前は石筆,印材に使用されたが,今日では耐火物,陶磁器,製用クレーなどに用いられる。日本での主産地は岡山県備前市三石。滑石石と俗称される。
→関連項目白土

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「蝋石」の解説

ろう‐せき ラフ‥【蝋石】

〘名〙 蝋状の感触を有する軟らかい緻密な岩石や鉱物の総称。白色または赤・紫・褐・青・緑色など淡色のものが多い。主成分はアルミニウムの含水珪酸塩。耐火物・陶磁器・石筆・洋紙の製造原料などに用いる。硬度一~一・五。
※洒落本・辰巳之園(1770)「ろう石を買なら、四日市より、親父橋の彌五郎が所で買ねエ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android