コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝋石 ロウセキ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐せき〔ラフ‐〕【×蝋石】

緻密(ちみつ)な塊状で、蝋のような光沢と触感のある鉱物や岩石。耐火物の原料や紙の平滑剤などに用いる。多く葉蝋石を主成分とする鉱石を指すが、滑石カオリンなど似た外見をもつものも含めていうことがある。
石筆のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蝋石【ろうせき】

なめらかで緻密(ちみつ)で,もろいアルミナ質の鉱物集合体(岩石)で,葉蝋石カオリン鉱物,絹雲母,ダイアスポアAl2O3・H2Oなどを主成分とする。
→関連項目白土

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

蝋石の関連キーワード角屋七郎兵衛(かどやしちろべえ)兵庫県神崎郡神河町パイロフィライト吉永[町]神崎[町]沢木正利耐火粘土耐火物石筆石彫刻篆刻釈迦凍石塊状触感紺青

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蝋石の関連情報