蝋石(読み)ロウセキ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐せき〔ラフ‐〕【×蝋石】

緻密(ちみつ)な塊状で、蝋のような光沢と触感のある鉱物や岩石。耐火物の原料や紙の平滑剤などに用いる。多く葉蝋石を主成分とする鉱石を指すが、滑石カオリンなど似た外見をもつものも含めていうことがある。
石筆のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蝋石【ろうせき】

なめらかで緻密(ちみつ)で,もろいアルミナ質の鉱物集合体(岩石)で,葉蝋石カオリン鉱物,絹雲母,ダイアスポアAl2O3・H2Oなどを主成分とする。色は淡緑,淡黄,灰白色などで,中性〜ケイ長質の火山岩中に塊状・脈状で産する。以前は石筆,印材に使用されたが,今日では耐火物,陶磁器,製紙用クレーなどに用いられる。日本での主産地は岡山県備前市三石。滑石も蝋石と俗称される。
→関連項目白土

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蝋石の関連情報